目の下のたるみはクリニックで無くそう|美容治療で美しくなる

婦人

若々しい肌を取り戻す

スキンケア

年齢とともに

人は年齢を重ねるとともに皮膚の柔軟性が弱くなってきてしまいます。顔の表情を作っている筋肉が緩んできて、下へ落ちようとする重力に逆らうことができなくなって、たるみが出てきてしまいます。自分では見逃すことが多くなっていますが、首のしわやあごのたるみは年齢を一番感じさせるものになっています。表情を作っている筋肉が顔には集中しているために、肌の弾力がなくなってくるとおでこや、眉の間、鼻の横や目じりにしわやたるみが出てくることになります。皮膚の新陳代謝も衰えていくために、しわやたるみが多くなってしまいます。年齢を重ねていくと避けては通ることができない症状になります。このしわやたるみを除去しようとする治療方法が開発されてくるようになりました。

いろいろな方法

長寿高齢化になった現在の日本では、皮膚の若々しさを保つ生活が重視されるようになり、そのための治療方法がいろいろと試されるようになってきています。その一つに注入療法があります。ヒアルロン酸やコラーゲンを肌に注入して肌の支えを補給してやる方法や、ポツリヌス毒素を注入する方法、手術で頭髪の中や耳の後ろを切開して、余分になった皮膚や脂肪を取り除いて、しわやたるみを取ってしまう方法や、薬剤を使用して皮膚の一部分をはぎ取ってしまって皮膚が再生してくる力を促す方法がとられています。またLEDを利用して皮膚を作っている細胞を刺激してやって、その細胞を活性化させてしまう方法も行われています。これらの治療で肌が若返ったり治療を行うことで、しわやたるみがなくなることが期待されています。