目の下のたるみはクリニックで無くそう|美容治療で美しくなる

婦人

年齢肌のケア

シワ

普段からできる対策

しわができる原因には、加齢で真皮層にあるコラーゲンやエラスチンが劣化する、紫外線による乾燥ダメージなどがあります。年齢を重ねてしわができてしまうのは人間なら仕方がないことですが、普段の努力によってしわをある程度予防することができます。まず乾燥を予防することが大切です。乾燥はしわの原因になります。紫外線が皮膚にあたると急激に乾燥します。日焼け止めを塗って紫外線をカットすることは、しわの原因とともに、しみの原因をシャットアウトすることにも繋がります。スキンケアではしっかり保湿をすることが大事です。また、フェイシャルマッサージや美顔器の使いすぎは逆に肌の乾燥に繋がるので、ほどほどにすることが大切です。

ヒアルロン酸とボトックス

できてしまったしわやたるみは、美容皮膚科クリニックの注射治療で簡単に取り除くことができます。美容皮膚科でできる注射治療の代表的なものに、「ヒアルロン酸注入」と「ボトックス注射」があります。ヒアルロン酸注入はほうれい線などの深いしわやたるみに、ボトックス注射は目じりの細かいしわに効果があります。どちらもターゲットに注射をするだけで、すぐにしわやたるみがなくなります。治療時間は10分もかからず終わります。施術後は腫れも出血もなく、すぐにお化粧ができます。ヒアルロン酸注入で約1年、ボトックス注射で約半年ほど効果が続きます。料金はヒアルロン酸注射は2万円〜10万円、ボトックス注射は1万円〜3万円程度です。